5月お寺ヨガ開催しました

こんにちは、寺ヨガ担当のSachieです。5月21日(土)は5月のお寺ヨガの日でした。

おもえば、神楽坂ホリスティッククーラで、傳通院さんのお寺ヨガを担当させてもらってからなんと104回目。私が担当させてもらうようになったのは何回目からだったのか、すっかり記憶にありませんが💦細く長く続けさせてもらっているご縁に感謝です。ご縁は大切にしたいですね。

 

当日はあいにくの雨☔

同じくお寺ヨガ担当のYuki先生が、お寺の風景写真を撮っていたところにたまたま立っていた(^^)/私も入ってパシャリ📷時間に余裕があれば、お礼を兼ねてもお参りも致します。お寺に参るときはお願いごとはしない。日頃の感謝をのべる。誰かがそんなことを言っていたので、素直な!?私はいつもそうしています☻

 

さてさて、本編のお寺ヨガ。

コロナの影響で広間を使わせてもらい、定員も制限しているのですが、毎回ありがたいことに満員御礼。あいにくの雨にもかかわらず、ありがたいです。

 

5月のテーマは「5月病をふっとばせ!自律神経刺激ヨガ」。

自律神経に刺激を与えて、バランスを整える。

頭頂の「百会のツボ」も刺激して、バランスを整え、循環を促します。ヨガでは、この頭頂を刺激するポーズがたくさんあるんですよ!

 

そして後半はセラピストでもあるYuki先生に、セルフマッサージ(ツボ押し)を伝授していただきました!押したツボがこちら↓

(Yuki先生にこっそり!?教えてもらいました)

・後頭部の外側(安眠)
自律神経の乱れ
メンタルストレス(特に心配事やイライラ)
生活習慣の乱れ
内臓の機能低下

・肋骨の下
腹筋をゆるめて横隔膜の緊張をほぐす
肝臓の機能低下も横隔膜の動きに影響する

・腕~手の甲 (合谷、手三里、曲池)
胃腸の機能を改善 
消化器系の機能低下は肌荒れの主な原因にもなる

 

 

来月も第三土曜日(6月18日)に、お寺ヨガ開催致します!

ご予約はお早めにどうぞ☆

関連する記事

top