腸活とローリングストック

こんにちは。川名です。

昨年あたりから話題になっていたようで、今でも本屋さんで平積み特集が組まれているオートミール。

いつも朝食の定番として決まった食べ方をしているので

特に「アレンジしてみたい」という気は起こらなかったのですが 

先日、こちらの本をご紹介いただきました。

 

 

 

 

『腸活 オートミール弁当』

監修:工藤あき(消化器内科医)/レシピ:おなつ
発行:池田書店

 

鮮やかな水色の表紙と『腸活いうキーワードに惹かれて見てみると

腸内には約1億個もの神経細胞があって、

それにより腸が〈腸内の様子〉を脳に伝え

情報を受け取った脳が体に指示を出しているとのこと。

 

「第二の脳」とも呼ばれる腸を整えることは

体をまるごと整えることにつながるのですね。

 

はたらく細胞よ、ありがとう(合掌)

という気持ちになります。

 

 

そして何よりおいしそうだし、家にある食材でできそう

ということで

はじめてのオートミール弁当をつくってみました。

 

 

 

 

本のレシピを参考にして、あっという間にできました。

 

ずっと棚の奥にしまいっぱなしだったスープジャーが

これから活躍してくれそうです。

 

そして使った分を補充する、食材備蓄の“ローリングストック”として

賞味期限切れになりがちな乾燥食材がお役立ち。

 

 

今度はグラノーラバーも作ってみようかな♪

 

 

 

 

こちらの本を紹介してくれた高橋さん、

Makuakeで紹介している整体ツール〈mano FUJI〉の

モデルさんとしてご協力いただきました。

どうもありがとうございます。

(Makuakeとは世の中をもっとよくするチャレンジのサポートサービスです。)

 

 

まだ試したことのない商品をご購入いただくことは

使った時、使い続けることによる体の変化のイメージや

信頼があってこそかと思います。

 

多くの方々に応援していただいており、有難い限りです。

どうもありがとうございます。

 

 

 

 

 

詳しくはこちらよりどうぞ。

https://www.makuake.com/project/manofuji/

関連する記事

top