5月お寺ヨガ開催しました

こんにちは。インストラクターのYuukiです。

5月15日(土)、月に1度のお寺ヨガ@傅通院を開催しました。

 

傳通院に着く頃には鮮やかな5月晴れ。

お天気に恵まれて、たまには、ということで本堂を背景に撮影。

Sachie先生、左側の成木を意識してか、無意識なのか?角度揃ってのポーズ☆

ご本堂にも迎え入れてもらっているようです^^

 

 

 

5月のテーマは「瞑想で笑顔ひろがるゆったりヨガ」。

毎月のテーマを楽しんでいますが、今回もまた楽しみにしていました。

 

紀元前3000年~5000年に生まれたヨガは元々瞑想を目的としていたもので、

からだを動かさない瞑想だったそうです。

紀元前2世紀ごろのインドの文法学者、パタンジャリの編纂による「ヨーガ・スートラ」では

八支則とよばれる八段階のヨーガの七番目にディヤーナ(Dhyana)または瞑想をあげています。

13世紀にはからだを動かし、瞑想の土台をつくる動かすハタヨガへと変わっていったそうですが

瞑想がはるか昔から現代へと受け継がれてきていることに感謝の想いです。

 

 

歴史ある「瞑想」にはいろいろな考え方やスタイルがあり、アプローチ方法も様々ですが

ムズカシイことは考えずに、体や呼吸から沸き起こってくる感覚に意識を向けてみました。

 

まずは体の重さを大地に預けて深い静けさを。

そして体を呼吸と共にほぐして、もう一度静寂に委ねる。

 

 

 

 

 

 

その後は呼吸のリズムで流れるように体の動きを感じてもらい、

再び内なる力を満たす時を過ごしていただきました。

 

 

 

慌ただしくて、体を休めても頭が休まらない。

普段の生活が忙しくて、瞑想にかける時間やエネルギーがない。

そのような方が多い現代だからこそ、瞑想が必要とされているのかもしれません。

 

慌ただしい日々の中に

自由な心で自分自身に戻る時を見つけて楽しんでいただけたら

 

なんて思いながら傳通院を後にしました。

 

 

 

 

 

お寺ヨガ@傅通院は、換気・消毒・検温・人数制限をして、開催しております。

おかげさまで来月6月のお寺ヨガは、すでに満員御礼となりました。キャンセル待ちのみ受付可能です。

 

7月17日(土)「夏バテ知らずのシェイプアップヨガ」

開催予定です。ご予約お待ちしています。

関連する記事

top