「なぜ?」 体調不良 や 腰痛 肩こり などの痛みが 起こるのだろう ?

  •  

みなさん 突然ですが….. 

 

なぜ

自分自身 体調不良に悩まされるのだろう? 

“腰痛“ ”肩こり“ が 慢性化する。

少し良くなったと思ったらまた痛くなる。

 

なぜ、

自分の家族、夫、妻、両親、子供、恋人 や 友人たち

自分の身の回りにいる大切な人たちが、体調不良や痛みに悩んでいるのだろう。。

 

そんな事を感じ、

 

そして、

 

どうしたらその悩み、改善されるのかな …

痛みを緩和するにはどうすれば良いかな …

どうにかしたい。何かアドバイスできないかな?

 

そんな思いが ふと浮かんだことはありませんか?

 

まさに、私自身が

『なぜ?』

という気持ちから

「どうにかしたい!」という思いを抱き

色々と本を読んだり、調べたりしていました。

 

身体の仕組み、機能について全く知らなかった私は、

不調や痛いところがあると、その部分だけに視点を向けており、

 

少し身体の事を知り、

ストレッチを取り入れたりして改善した!

と思ったら、

 

「まだ痛い」「体調が良くない」

またこのお声を耳にする。

 

「なぜ?」

また、この疑問を抱くことになります。

 

そして、

更に学びを続けていくと、

その痛みや体調不良は

自身の “思考” や “感情”.  “環境” “生活スタイル” , “天候”  “季節” によって

引き起こされる、繰り返すという物事の見方、

「東洋医学」の観点を知ります。

 

あらゆる方面からその原因を見ていく。

「こころ」と「カラダ」は繋がっている!!

 

一つの事象に捕らわれがちだった私、

そのような考え方を持ち合わせていなかった私には

まさに目から鱗!!

 

もっと知りたい、学びたい!!

少しでも自分が理解を深めて

自分の周りの人たちが、痛みや不調を取り除け、生活して欲しい。

その気持ちは強くなっています。

 

来年、この思い、実行するぞ!と

2020年の終わりに来年への決意表明 を心に留めている Masayoです。

 

私と同じような事を感じている方に、

朗報です!

 

身体の機能や仕組みを、痛み不調と関わりの深い背骨から知る「解剖学」の観点

陰陽概念、未病の「東洋医学」の健康観

セルフメンテナンスができる、エクササイズ、マッサージ 

その基礎を

”自宅で”

学べるコースのご紹介を

近々アップします!!

 

「え!何それ!気になる!」

 

と思った方、

 

もう少しだけお待ち下さいね🖤

 

 

関連する記事

top