神社習慣☆

こんにちは、インストラクターのSachieです。

残暑厳しいこの頃いかがお過ごしでしょうか?

 

皆さんは日ごろ、神社仏閣を訪問する習慣はありますか??

新年の初詣の習慣がある方はたくさんいらっしゃると思いますが、最近、私は散歩がてら、何かの用事で近所に出た際に、通りがかりの神社にお邪魔しています。何かきっかけがあったわけではないのですが、なんとなく行ってみようかな、と思い立ち、お辞儀をして敷地入場!!さらに入り口で再度お辞儀!!手と口を清めようかと思ったら、コロナ対策で清めるお水を流していない神社もあるようです。流していても柄杓はなかったりしますね。致し方ないです。

実は、数年今の家に住んでいながら、いつもわき道をとおる神社の敷地内にお邪魔したことは一度もなかった。でも訪れてみたら、こんな素敵な空間が広がっていました。まだまだ残暑残る季節ですが、心がホッと一息つける感覚がありました。

 

そして、お参りするときには、現状を感謝するにとどめます。お願い事はしません。神社仏閣はそもそもお願い事をする場所ではない、現状への感謝をする場所なんだとか。ないものを求めてお願いごとをするのではなく、今あるもの、たとえば、住む家がある、家族がいる、食うに困ってない、もっといえば、手があること、足があること、目が見えること。そういうことに対して「ありがとう」をいう場所なんだと、私が私淑する小林正観さんがおっしゃっています。

 

とはいえ〇〇祈願ということを、神社が謳っているので、真偽のほどはわかりませんが、私は、この考え方?がすごく好きです。こちらの考え方だと、身体がすっとリラックスする感覚があります。ヨガの先生ですから、体感覚は繊細ですよ!(笑)

 

ふと見ると、神社は感謝をする場所、というにふさわしい詩が掲示してありました。

 

「不平不満を言わず、現状に感謝して生きる。」

実践していくぞ!!

 

そうそう、9月から「お寺ヨガ@傳通院」も再開しました。

こちらも素敵な境内。定員を制限していますので、ご予約はお早めにどうぞ!

関連する記事

top