夏の呼吸法♪

こんにちは、インストラクターのSachieです。

毎日暑いですね!暑いだけにエアコンは必須。エアコンと外気の温度差に、やられていませんか?上手にエアコンを活用することももちろん!ですが、実はヨガにも身体を冷やす呼吸法があるって知ってましたか?

おそらくヨガの呼吸法の中では代表的ではない!?ので、ヨガをやっている方でも、知らない方もいらっしゃるかもしれません。レッスンでもあまりとりあげる先生はいないのかな?? 私は、せっかく冷却効果のある呼吸法ですので、毎年夏には生徒さんにお伝えするようにしていますが、意外と知らない方が多いので、こちらでご紹介いたします♪

夏のヨガの呼吸法、その名を、「シータリー呼吸法」といいます。

1. まず、舌をストローのようにまるくすぼめます。

2.このまま、口から息を吸います。音をたててOKです。

3.吸いきったら、口を閉じて、鼻から吐き切ります。吸いきったところで、少し息を止めてもOK。ただし、苦しくない範囲で。

どうでしょうか?吸う息は冷たくて、吐く息は温かいと思いませんか?この温度差で、肺を冷却する効果が期待できます。

そして。この呼吸法ができない人もいます。すなわち、舌をうまくストローのようにすぼめることができない人。…私です(笑) なんでしょうね?舌の筋肉の繊細さなんでしょうか、できる人は簡単にやるのに、できない人にはできない。

上の写真のモデルはゆうき先生(できる人)なのですが、私(できない人)が一生懸命舌をすぼめようとしていたら、「ふざけてるんですか?」と言われました(笑)でもそんなできない人にも朗報です。冷却効果のある呼吸法にはもう一つあります。それが「シートカリー」と呼ばれる呼吸法です。私はいつもこちらでやっています。

1. 上下の歯を軽くあわせて、イーっという形にします。この時、舌先は軽く上あごか、上の歯茎の裏側につけるようにします。

2. 以降は、「シータリー」に同じ♪

 

どうでしょうか??また、呼吸法はおのずと呼吸に意識を集中するので、暑さで、ざわつく心を鎮静化する効果も期待できます。外で暑いなーと感じるとき、ふと思い立ったら夏の呼吸法、試してみませんか??

 

そして、有能なゆうき画伯は、なんと、絵も描いてくれました♪

 

シータリーもできて、こんな絵も描ける。すごすぎません??(笑)

 

関連する記事

top