阿嘉島に行って来ました。

こんにちは、インストラクターのSachieです。

4月上旬にお休みを頂戴して、沖縄の阿嘉島というところにいってきました。沖縄の離島はリゾート地としてよく知られていますが、阿嘉島は、ご存じない方もいるかもしれませんね。沖縄本島からフェリーで1時間程度で行ける小さな離島で、慶良間諸島の一つです。人口約250名くらい、小学校と中学校はありますが現在各学年数名ずつくらいしか子供がおらず、高校はないので、中学卒業後は親元を離れていくそうです。漁業と観光業が主で、ダイビングスポットとしてダイバーに非常に人気が高く、リピーターも多いのだとか。「ケラマブルー」という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょうか。海の透明度は抜群!です。

ほら。

ね??

これはちょっと、

やばいでしょ??

おっと、海を撮るつもりが、ついうっかり。

 

↑これでも、快晴ではなかったんですよ。雲があってもこの透明度、快晴だったらどうなるんでしょう。とにかくリピーターが多いのも納得です。

 

沖縄のゆったりとした時間や空気感がすごく好きで沖縄は何度も訪れていますが、これまではツアーで訪れることが多くありました。短時間で効率よく安価に楽ちんに見どころを回ってくれるツアー。旅行会社の企業努力。

一方で、やっぱり時間にしばられてしまうので、今回は、そういうのではなくゆったりのんびり、時間を気にせず、海を見てぼ~っと過ごしたいなあ、と思い、飛行機も、船も、お宿も、全部個別に手配して、宿のテラスでヨガをしたり、読書をしたり、本当にゆっくりさせていただきました。あれやらなくちゃ、これやらなくちゃ、そんな日常から離れてしっかりと今、ここ、を味わうことができる、これってヨガじゃないですか!? ご飯作らなくていいって、ああ、最高♪

便利なサービスはないかもしれないけど、きれいな海と空気、人の温かさがある。子供たちの夢は「コンビニにいくこと」「カラオケにいくこと」なんだとか。うん、その夢、きっと叶うよ(笑)でも、こういうところで暮らすと、便利なものが与えられない分、生きる力は確実に強くなるなあ、としみじみ思いました。

 

阿嘉島は小さな島なので、宿で貸してくれる自転車で、ある程度はまわることができます。阿嘉大橋、という橋でつながっている、お隣の島にも自転車でいけちゃいます。

こちらは、阿嘉大橋から見た風景。ここでウミガメが泳いでいるのを見られることも多いんだとか。滞在中何度か見たのですが、残念ながら会えず。日頃の行い?? そんなに悪くはないと思うのですが…

 

 

そしてそして。

船に乗ってダイビングもしてまいりました。一面のサンゴ礁に連れて行っていただき、お魚とも戯れ、もちろん、「ファインディングニモ」にもしっかりご挨拶してまいりました。もう、感動ものです。まだちょっと水温は低かったですが。沖縄ダイビングは6月以降が旬ですね。

 

宿の人もとっても親切で、夜は飲み会、でした♪ 現地の言葉でこういった語らいの場を「ゆんたく」と呼び、大切にされている文化のようです。常連さんがとっても多い宿で、私はその中でご新規さんだったんですが、皆さんとてもいい人で、気さくに話しかけてくださる。本当に良い時を過ごさせていただきました。

 

最終日、那覇に戻って、こんなことも♪

 

こんなことも!!♪♪

これ、難しかった(笑)

 

阿嘉島、絶対また行くぞ~~!!

 

関連する記事

top