1月19日(土)お寺ヨガレポート

こんにちは、インストラクターのSachieです。

新年?というにはちょっと遅いかな?1月19日(土)は、今年一発目の「お寺ヨガ@傳通院」でございました。テーマは「新春!太陽礼拝!!」。年末太陽礼拝108回に引き続き、で、また~!?という声が聞こえてきそうですが、今日はゆったり、しっかり、深い呼吸にあわせて、ゆる~く太陽礼拝をお楽しみいただきました。

がっつり汗をかくヨガもいいですが、呼吸にあわせて、ゆったり無理なく楽しむヨガの動きも、私は大好きです。呼吸がどんどん深くなって、「ヨガってこんなに気持ちのいいものなんだ!」と思ってもらえるよう、誘導していきます。

傳通院も新年のお化粧です♪

 

まずは、ゆうき先生のゆったりほぐしからはいってきます。

おっとゆうき先生、ひたっております♪ 

太陽礼拝は全身をまんべんなく動かしていくので、筋肉が収縮しがちな寒い冬はしっかり、ゆったり、ゆるめてあげましょう。写真は、腰からぐぐっと背骨をねじるポーズ、アルダマッツエンドラーサナ。

お次は太陽礼拝の動きにはっていきます。うつ伏せから、身体を前にずらして、恥骨から斜め上にのびていくコブラのポーズ。このあたりになると、参加者さんの呼吸が身体の動きにあってきているのが、感じ取れます。呼吸と身体の動きをあわせる、これ、ヨガのポイントですよ♪

後半は、わたくしSachieにバトンタッチ。まずはタダーサナ(山のポーズ)でしっかりと心を整えてから、太陽礼拝にはいっていきます。ヨガのレッスンでは、身体を動かすことはもちろん、ポーズとポーズの間の余韻も大事です。この余韻の間に呼吸に意識をむけて、呼吸を深くしていく。これぞヨガの醍醐味ですぞ!!

こちらは、アンジャネヤーサナ(三日月のポーズ)。腰をしっかり下に落として、上半身を軽やかに上に伸ばすポーズです。このあたりになると、じんわりと汗をかいてくる参加者さんも。気持ちが良いですね!

 

最後は、ダイナミックに使った身体をゆるめて、シャバーサナ(屍のポーズ)。

そして最近寺ヨガの名物になりつつある(と私が勝手に思っている(笑))こちら。

ゆうき先生のクリスタボウル(通称:クリボー)。

こちらの弾き手はもちろん!

ゆうき先生。写真を間近でとったらちょっと恥ずかしがりや♪

 

今日も楽しんでいただきました~。

 

さて、来月も第三土曜日、2月16日(土)の13時30分よりお寺ヨガ開催です。

ご予約お待ちしています。

関連する記事

top