〜赤城神社と赤城山〜

こんにちは。

前々から気になっていた神楽坂駅を降りてすぐにある赤城神社

赤城という言葉、通るたび気になっていました。群馬県出身のインストラクターもえじゅです。

 

群馬県には赤城山があり群馬県民には赤城という言葉はとても親しみがあるのです。

運動会では山の名前に分かれて、赤城チーム、妙義チーム、榛名チームで戦ったり、赤城おろしという強風が吹いていたり(本当に前に進めないくらい強い風なんです。)

 

そして赤城山の頂上にある大沼にも、赤城神社があります。

調べてみると、赤城山と神楽坂の赤城神社は歴史的に深いつながりがあるようです。赤城山麓から移住した大胡氏が故郷から赤城神社を神楽坂にお招きしたとのこと。

やはり群馬とご縁があった!ということで、先日実家に帰った際、ご挨拶せねばと赤城神社にいってきました。

  

大沼が広がりそこに架かる橋を渡ります。一面木々と大沼、紅葉が始まっていてとても綺麗です。曇っていて写真がイマイチですが。。

 

お参りし清々しい気持ちです。

神楽坂の赤城神社は、また群馬とは違い平成22年に改築されとても綺麗で都会的です。境内にあるカフェでは積極的に群馬県産の食材を使用しているそうですよ。

サロンでの施術や、スタジオでのヨガやピラティス後に散歩がてら、寄ってみてはいかがですか♪

 

関連する記事

top