食べるを描く 展

こんにちは!インストラクターのYukoです。
先日三鷹にあるジブリ美術館に行ってきました。
ジブリ映画はメイン以外の周りの登場人物やキャラクターの作りが細かく、いつ観ても新しい発見があります。

お目当てはこちら↓

映画の中で美味しそうに見える料理は、どれもとても時間をかけて描かれていました。
ジブリ映画の食べるシーンで1番好きな【千と千尋の神隠し】の千尋が大粒の涙を流しながらおにぎりを食べるシーン。
「この世界で生きていくしかない」とゆう覚悟を、最初はゆっくりと徐々に大きい口で頬張る姿と、涙の透明度と流れ方で表していました!

更に、食べながら人の心はほどかれていく と。。確かに思い返すと、ただパクパクと食べるシーンと同じ位、物語が変わるきっかけの時に食べる事が多い気もします。
アニメ映画の中では素朴に見えるジブリ映画も、観察力と細かい表現で作られている事に感動し、またすぐ観ようと心に誓います。。

そしておにぎりを食べ終わった後に千尋は肩をふるわせながら泣いています。(私も大体ここで一緒に泣く)
人間は肩の動きで感情をあらわしているそうで、自信を持っている時は開き、怒りや恐怖を感じた時は固まり、リラックスしている時は緩んでいます。
皆さんも気付いた時に自分の肩がどうなっているかを感じてみて下さい!

毎週土曜日の14時45分から首 肩から全身を観て整えていく「首肩コリ即効ヨガ」を行なっています。
普段の生活での呼吸は肺の上部までしか使われておらず、胸から上は常に緊張状態です。クラスでは肩での呼吸を手放しながら全身をダイナミックに動かして行きます。
【即効】を繰り返して凝り知らずの体と心を目指しましょう♫

関連する記事

top