8月お寺ヨガレポート~夏本番!と思ったら秋の風、クールダウンヨガ

こんにちは、インストラクターのSachieです。

あれ?秋??という風がふいているような気がする8月18日(土)、毎月第三土曜日恒例の「お寺ヨガ@傳通院」でございました。今日のテーマは「夏本番!クールダウンヨガ」です。秋なの、夏なの、と突っ込みが入りそうですが、お寺ヨガでは、毎年末に次年度のお寺ヨガのテーマを出すので、こんなことになっております、8月中旬に秋を感じる風がふくとはいやはや、天候はわからないもの、ご了承ください。。。

 

今日は気持ちがよいほどの快晴!

快晴~~。

快晴~~、ああ気持ちがいい。

ヨガ日和ですね~。

秋の気配は感じますけど、まだまだ日差しは強い、よってクールダウンヨガ、今日は最適ですねーと、多少強引な挨拶をしてからレッスンスタート!

今日もうれしいことに初めて参加される方もたくさんいたので、まずはヨガの趣旨を説明。身体を動かすだけじゃなく、そこに呼吸を連動させる、心をこめる、そんなに難しいことはやらないので、どんな動きかわかったらもう目をつぶっても良いので自分の身体の動き、呼吸に意識を集中させてくださいませ。

最初は「呼吸と体の動きを連動させる」ということがなかなか難しかった人も、誘導していくと、だんだん自分の身体に集中してくれているのがわかりました。これぞ、ヨガの醍醐味です。

 

脇腹が伸びる感覚、そこに呼吸を送る。

実際に脇腹に呼吸器があるわけじゃないけど、そういった気持ちで身体の伸びる感覚に集中する。同じ動きをしてもそれをするのとしないのでは、ヨガの効果も大きく違っていきます。

 

そして今日は「クールダウンヨガ」なので、いつもと少し趣向を変えて、部屋の明かりもつけず、かすかな自然の光のみ。

感覚器官を鋭敏に。

お腹に手をあてて、自分の呼吸を手のひらでたっぷり感じてもらって触覚に働きかける、ゆうき先生の十八番「シンギングボウル」の音で聴覚に働きかける、アロマスプレーも少し織り交ぜて臭覚に働きかける、より自分の身体に、心に集中しやすい環境づくり、ポーズ、誘導を心がけました。大丈夫であれば、最後はもう目をつぶってもらって、身体を動かしていきました。視覚はその使い方にもよりますが、ヨガに慣れてないと、得てして集中の妨げになるからです。

味覚はないの?というつっこみはご容赦下さい。味覚は特にご用意いたしませんでした。

 

立位の連続で汗をかくヨガとはちょっと趣向を変えた今日のテーマ、楽しんでいただけたでしょうか?

あ、これはクリスタルボウルじゃありません。お寺の鐘です。

 

とにかく集中に力を入れたくて、ヨガの最後のポーズ「シャバーサナ」までの誘導も、いつもより、丁寧に行ったら、初めて参加された方からも「気持ちよかった」「すっきりした」という感想を頂戴しました。嬉しい限りです。

来月も第三土曜日9月15日(土)にお寺ヨガを開催します。テーマは「食欲の秋、ナーディを通すヨガ」。ナーディってなに??と思った方、ふふふ、なんでしょうね。答えはぜひ来月の傳通院へ♪

関連する記事

top