目指せ、疲れない体、折れない心。

まだ暑さが続くものの帰り道に鈴虫の羽の音が聞こえて

なんだかしんみり。夏の終わりが近づいていますね。

セラピスト、ヨガインストラクターの川名ゆうきです。

 

先日、増版決定しました「新しいピラティスの教科書」。

皆さんご覧になりましたか?

ピラティスがお好きな人だけでなく、ピラティスって何? って人も楽しく学べる本なんですよ。

 

皆さん、普段の生活で体の癖ってありますか?

あるある~なんてありがちな人間の特性、さらに痛みの連鎖について解説されています。

自分の癖ってなかなか気づかなかったりしますが、そのクセが痛みや不調のサイクルをつくっているかもしれません。ピラティスをすることで正しい体の使い方に意識が向きやすくなってくるのですね。

みき先生の普段の姿勢や歩き方をみていると確かに説得力あり。

 

そしてピラティスの哲学についてもご紹介。

「体、頭、精神の調和」は呼吸でつながると、私は意識しています。

この本の一節です。

私はヨガから学んだことなのですが、ピラティスも目指す方向は一緒。

ピラティス発案者のジョセフ・H・ピラティス氏のドキッとしてしまう言葉もあって。

ずっしり、嬉しい発見でもあります。

 

そしてこちらの本、表紙がおしゃれなのですが、それだけではないですよ。

 

”ピラティスを始める前は長時間寝ないとすぐ疲れてしまっていたが、

今では夜中にラーメンを食べても大丈夫な体に。幅広い年齢層に

合わせたピラティスのレッスンを行っている。”

最初のみき先生の自己紹介より

 

さすが、我らのみき先生^^

生徒さんからの絶大な人気のエッセンスはこんなところにあるのですね。

 

大胸筋を鍛えてご紹介のみき先生

 

最初の写真はどこに効く?

 

はい、三頭筋を鍛えてます^^

 

「ポーズをお願いします♪」にばっちり応えてくれます。

 

目指せ、疲れない体、折れない心!

https://www.amazon.co.jp/新しいピラティスの教科書-石部美樹/dp/4262165671

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連する記事

top