常温か、ホットか、それが問題だ ~to be or not to be~

 

こんにちは、インストラクターのSachieです。

 

「常温か、ホットか。」

 

いえ、ヨガの話です。

 

先日、スタジオの生徒さんからこんな質問がありました。

「ホットヨガってどうですか??」

Ⓒなのなのな

 

実はこれ、インストラクターにとっては、まあまあよく受ける質問の部類です。

アクティブケアスタジオで行っているヨガは「常温ヨガ」で、その名のごとく、常温、すなわち平均的な室温の中でやるヨガです。今年のようなクッソ暑い(失礼)夏なら適度に冷房を入れますし、逆に真冬は適度に暖房をいれて、人が通常生活する室温の中、体を動かします。それに対して、「ホットヨガ」は、発汗を促すことを目的に、温度も湿度も通常よりかなり高くしてヨガを行います。

私Sachieは、常温ヨガを経験したのち、常温ヨガの専門学校で資格を取り、常温ヨガでお仕事を頂戴しているインストラクターなので、ホットヨガはあまり詳しくありません。ですが、勉強がてら、ホットヨガもトライしてみたことはあります。

そう、あれは忘れもしない私の初ホットヨガ。「ホットヨガって汗かくんだよね?じゃあ、タオルは必須よね」と、私が持っていったタオルはハンカチタオル。もうこの時点で経験者はわかりますね。そう、そんなものじゃあ、まったく間に合わない汗の量。私のハンカチタオルは何度も絞れるほどにぐしょぐしょ、着用していたトップスはおろか、下着までぐっしょり(粗相じゃないですよ??)。なのに、別に近所だからと着替えもバスタオルも持っていかなかった私、青かった。帰り道は全身ずぶぬれ状態。すれ違う人は「あら、スコールでもあったかしら?」といわんばかりの顔。

 

 

先の生徒さんの質問にお答えするならまずはこれ。ホットヨガは、

「タオルはフェイスタオル以上! できれば複数枚!!」

 

ホットヨガは大量発汗によって代謝をあげて、美容や痩身を目的とする、と謳っているスタジオさんが多いように思います。もちろん常温ヨガでも美容や痩身を目的にすることはありますが、それを目的とするパーセンテージがもう少し低い、運動だけでなく心や呼吸にも着目していき、外部コントロールによる大量発汗はしません。呼吸をコントロールする「呼吸法」も取り入れたりします。

美容や痩身目的に温度や湿度をコントロールして大量発汗を促すホットヨガ、自然本来の形で自分の力で発汗を促し、心や呼吸にも働きかける常温ヨガ、このあたりが、ひとつ大きな違いでしょうか。

歴史的なところでみると、当スタジオで行う常温ヨガ「ハタヨガ」は、10~13世紀ごろの発祥なのに対して、ホットヨガは現代の派生ヨガです。現代の派生ヨガは結構たくさんあって、ハンモックを使って空中を舞う「エアリアルヨガ」、アクロバティックな動きを楽しむ「アクロヨガ」、海のサーフボードの上で行う「SUPヨガ」など。ホットヨガは、現代ヨガの中でも広く商業的な成功を収めているイメージですね。ただ、ハタヨガもオリジナルそのままかというと全くそうではなくて、ポーズによっては修正・改良が加えられています。発祥の頃まで遡らずとも、数十年前のアサナでも、現代の一般的なアサナとは微妙に違ったりして面白いですよ。(流派にもよります)

あとはレッスン後の爽快感。ホットヨガで大量に汗をかいたあとに、すっきり!さっぱり!!シャワーをあびて、冷たいビールを、お水をいただいたときの爽快感は格別でしょう。対して、常温ヨガのあとのスッキリ感は、体をまんべんなく動かしたために身体のブロック(滞り)が解放され、ナーディ(気)が流れることによるものです。体の深層部や心のすっきり感、とでもいいましょうか。

以前、ご高齢の生徒さんをプライベートヨガで担当したことがあるのですが、その方がレッスン後にこうおっしゃっていました。

「心がすうっと一本通った気がするよ」

動作もゆっくり、言葉数も少ない、とても上品なおばあ様。その後スケジュールがあわなかったり、体調を崩されたりして、なかなかお会いできていないのですが、頂戴したそのご感想を今でも鮮明に覚えています。ものすごくクリアなお言葉で、嬉しかったですね。

 

で、常温か、ホットか。

どちらが良いか? は、もう実際に試して体感してもらうしかないと思います。相性や年齢、タイミング、もろもろの条件などもあるでしょう。ただ、大量発汗は、良くも悪くも体に負担がかかるのは事実ですので、年月を経ても長く続くのは常温ヨガかな、とは思います。当スタジオにも、長年ホットヨガを経験してきたけど、常温ヨガに切り替えていらした生徒さんもいらっしゃいます。走りにたとえると、ホットヨガが短距離走で、常温ヨガが長距離走(マラソン)といったところでしょうか。常温ヨガは死ぬまでできます。これ、本当です。

ホットか、常温か、さて、あなたのファイナルアンサーは??
まずはお試しあれ↓

http://holistic-cura.net/studio/

 

(注)本文は、常温/ホットヨガの優劣をつけたり、定義づけたりするものではありません。あくまで、一介のヨガインストラクターが、つれづれなるままに日暮らし、ヨガに向ひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくったものにすぎません。

関連する記事

top