特別展人体 神秘への挑戦

セラピストの川名です。先日のパーティで筋肉痛にならず、ホッとしています…
そして何より、多くの皆さまにクーラが支えられていることに改めて感謝です。

先日、みき先生と一緒にずーっと気になっていた国立科学博物館の特別展に行ってきました。

とにかく広い。
閉館前が比較的空いているようですが、ゆっくり見るならばやはり日中がおススメです。

人体研究の歴史から各器官ごとの機能と構造、電子顕微鏡で撮影された臓器の細胞の超ミクロの世界など盛りだくさんです!

人を含めたさまざまな動物の臓器やレオナルド・ダ・ヴィンチの解剖のスケッチを間近でみることができる貴重な機会。
人のからだに親しみが持てるような工夫が凝らしてあって主催者の意気込みが感じられました^^

 

超ミクロの世界/骨を形づくる3種類の細胞たち

 

体の中のにぎやかな細胞たち

白黒画像にイメージで色をつけているそうです。
小宇宙を垣間見たようで、なんだか嬉しくなってしまいました♪

平日でもやはり混雑していましたが、ゆっくりと観てまわることにができました。今週末6/17日曜日までの開催ですので、気になる方はぜひどうぞ。

https://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2018/jintai/

そして、体つながりのニュース♪
みき先生の「ピラティスの教科書」が大好評発売中です!

体との対話の手助けになるように。

そんなみき先生のおもいが凝縮されています。

こちらも意気込みがひしひしと感じられます。たくさんの写真と図解を交えて意識を向ける部位、注意する点、もちろん呼吸もわかりやすい。
すぐに試してみたくなる本です。

ピラティスをしている方はもちろんなのですが

「からだのことが気になってはいるけれど忙しくて時間がない」
という方、

「ティラピスって何⁇」

という方!からだに興味のあるすべての方におすすめします。

みき先生のお写真からも元気がもらえますよ(^-^)

https://amzn.to/2GC0bLj

 

そしてみき先生のプライベートレッスンを毎月3名様限定でお受けいただけます。
どうぞ、この機会をお見逃しなく♪

https://bit.ly/2JRYxuv

関連する記事

top