(産前・産後の)腰痛

■妊娠中の腰痛
妊娠中はお腹の中で成長する赤ちゃんにとって必要な環境を整えるために身体的に様々な変化が起こります。その変化に伴い腰痛が生じやすくなるのですが、妊娠中の腰痛の原因には大きく分けて2つあります。

1つはお腹のふくらみに合わせて腰のカーブが強くなり、身体の重心が変化するといった身体的な変化によるもの。もう1つは妊娠に伴うホルモン分泌の影響によるものです。

1.姿勢の変化による腰痛
お腹が大きくなるにつれて、バランスを保つために自然と腰を反らしたような姿勢になります。そうすると骨盤の傾きにも変化が生じて、腰や骨盤にある関節への負荷が強まったり、腰を支える筋肉の緊張が増すことで腰痛が生じると考えられます。

このような姿勢の変化が起きても腰痛にならない妊婦さんもいますが、妊娠する前から腰や骨盤に問題のあった人は、腰痛が再発したり増強する可能性があるため注意が必要です。

2.ホルモンの影響による腰痛
妊娠すると「リラキシン」というホルモンの分泌が盛んになります。この「リラキシン」というホルモンは、出産の際、赤ちゃんが狭い骨盤の中をスムーズに通過できるように骨盤の靭帯を緩ませ関節を動きやすくする作用のあるホルモンです。

靭帯は関節を支えていますが、この靭帯が緩むと支えが不安定になり、その周囲の筋肉が硬く緊張しやすくなります。骨盤周囲や腰、股関節に関わる関節が不安定になることで筋肉が疲労しやすくなり、結果として腰痛の発症につながると考えられます。



■産後の腰痛について
産後の腰痛の原因には大きく分けて2つあります。1つは出産後、妊娠前の身体へと戻る際の体型の変化によるものと、もう1つは育児に伴うものです。

1.妊娠前の身体に戻る際の体型変化による腰痛
長い妊娠生活を終えて出産を終えた後、身体はゆっくりと元の身体へと戻っていきます。妊娠中お腹のふくらみに合わせて腰はカーブが強くなり、腹筋も伸ばされるために妊娠前に比べて産後は腹筋が弱くなります。出産後、お腹に赤ちゃんがいない分、重心は元に戻りやすくなりバランスはとりやすくなりますが、腹筋は弱ったままでいるため腰が反り返ったままになる傾向が見られます。

また、妊娠中分泌されていた「リラキシン」という関節を緩めるホルモンの影響で骨盤は動きやすくなっている状態です。約3か月~半年をかけてゆっくりと関節は安定感を取り戻していきますが、不安定な期間は関節のズレや歪みを起しやすくこれらが痛みの原因となる場合があります。

2.育児に伴う腰痛
出産後は母乳をあげたり、抱っこしたり、おしめを換えたりと大忙し。生活パターンが赤ちゃん中心の生活になっていきます。育児中は猫背になり背中が丸くなるような前かがみでの時間が長くなってしまいます。前かがみでの姿勢は首や肩、背中、腰に負担がかかり、腰痛などが起こりやすくなります。また、夜間の育児は睡眠時間が十分に確保できないため、全身の慢性的な疲労が腰痛になりやすくなってしまうと考えられます

産前・産後のトラブル に関連する症例報告

症状のカテゴリー

こんな症状の方に
頭痛・首の痛み
肩の痛み・コリ
腕・肘・手の痛み、しびれ
腰の痛み
股関節・膝・足の痛み、しびれ
産前・産後のトラブル
不定愁訴
アレルギー・内蔵のトラブル
フェイシャルケア
女性のトラブル
  • ACS案内
  • ナーチャ
  • AT4
  • 背骨から自律神経を整える
  • 肝臓の気もち。
  • オーガニックライフtokyo講座開催報告
  • LINEバナー
  • オンラインショップ クーラ・クリアーレ
  • [院長著書]腰痛の実学 amazonで購入する
  • [院長著書]背骨の実学 amazonで購入する
  • [院長著書]老け腸メンテナンス amazonで購入する
  • お寺108回
  • お寺ヨガ
  • 中村尚人先生WS
  • しんのすけ先生WS
  • yoga-synergy
  • Mateanity YOGA
  • Baby&Mom YOGA
  • 採用情報
  • 法人の方へ
  • 取材・講演のご依頼
  • 石垣院長のブログ
  • 日本ヘルスファウンデーション協会
  • 雑誌掲載情報
ホリスティッククーラ
〒162-0831東京都新宿区横寺町68  唐澤ビル2階
アクティブケアスタジオ
Active Care Studioスケジュール
〒162-0831東京都新宿区横寺町68  エムビル2階

Webからのご予約 ・ お問い合わせ

  • special content
  • ビューティーコース はじめました!
  • 国際基準のカイロプラティックって?