乳腺炎

■乳腺炎とは?
乳腺炎は、母乳が出てくる道となる乳腺に炎症が起きている状態を言います。おっぱい全体が赤く腫れ、しこりができて痛み、ひどくなると発熱や激しい頭痛を伴うのが特徴です。

■乳腺炎の種類
乳腺炎には2種類あります。ひとつは授乳がスムーズにできず、母乳がたまって起こる「うっ滞性乳腺炎」です。予防としてはたっぷりと赤ちゃんに母乳を飲ませた後、まだおっぱいが張っているときは軽くしぼり出しておくことです。もうひとつは、授乳の時にできた乳首の傷から、細菌が侵入して起こる「急性可能性乳腺炎」です。予防としては、乳首や乳房を清潔に保つことが大切になります。

■乳腺炎の治療
「うっ滞性乳腺炎」と「急性化膿性乳腺炎」では原因が全く違うことからも、治療法が大きく異なります。まず、「うっ滞性乳腺炎」の場合はたまっている母乳を出すことが一番です。赤ちゃんに飲んでもらえれば良いのですが、飲みきれない母乳は搾り出しておき、乳房に溜め込まないようにしておくことが大切です。一方、「急性化膿性乳腺炎」の場合、乳房に細菌が入り込んでいるため、抗生物質と消炎鎮痛剤を服用します。そして授乳を中止して治るまで刺激を与えないようにします。海(うみ)の塊が出来てしまった時は、皮膚を切開して膿(うみ)を排出する場合もあります。

■乳腺炎を予防する方法
乳腺炎は、乳首が気づついたり、授乳をちょっとサボったりとごく簡単なことがきっかけで始まります。乳首が痛くなると母乳育児はつらくなってしまいます。乳首が傷ついてしまうのは授乳中の赤ちゃんまたはママの姿勢の悪さにあるのかもしれません。良い姿勢であれば、赤ちゃんのあごと下で母乳をしぼり出すことになるため痛くありません。授乳時の赤ちゃんの抱き方を変えてみる、いろいろな姿勢を試してみるなどあきらめずに工夫を凝らしてみましょう。また、ママの食事内容も大きく影響します。動物性脂肪の多い肉や乳製品は母乳の質を変え、乳腺を詰まらせる原因になるので控えめにしましょう。

産前・産後のトラブル に関連する症例報告

症状のカテゴリー

こんな症状の方に
頭痛・首の痛み
肩の痛み・コリ
腕・肘・手の痛み、しびれ
腰の痛み
股関節・膝・足の痛み、しびれ
産前・産後のトラブル
不定愁訴
アレルギー・内蔵のトラブル
フェイシャルケア
女性のトラブル
  • ACS案内
  • ナーチャ
  • AT4
  • 背骨から自律神経を整える
  • 肝臓の気もち。
  • オーガニックライフtokyo講座開催報告
  • LINEバナー
  • オンラインショップ クーラ・クリアーレ
  • [院長著書]腰痛の実学 amazonで購入する
  • [院長著書]背骨の実学 amazonで購入する
  • [院長著書]老け腸メンテナンス amazonで購入する
  • お寺108回
  • お寺ヨガ
  • 中村尚人先生WS
  • しんのすけ先生WS
  • yoga-synergy
  • Mateanity YOGA
  • Baby&Mom YOGA
  • 採用情報
  • 法人の方へ
  • 取材・講演のご依頼
  • 石垣院長のブログ
  • 日本ヘルスファウンデーション協会
  • 雑誌掲載情報
ホリスティッククーラ
〒162-0831東京都新宿区横寺町68  唐澤ビル2階
アクティブケアスタジオ
Active Care Studioスケジュール
〒162-0831東京都新宿区横寺町68  エムビル2階

Webからのご予約 ・ お問い合わせ

  • special content
  • ビューティーコース はじめました!
  • 国際基準のカイロプラティックって?