股関節・膝・足の痛みしびれ

頭から始まる体の重みは上半身から骨盤、股関節、膝と伝わり、一番最後に足の関節へと伝わっていきます。そのため、骨盤から下の股関節・膝・足関節はもっとも負担のかかりやすい部位であると言えます。

 

頭から始まる体の重みは上半身から骨盤、股関節、膝と伝わり、一番最後に足の関節へと伝わっていきます。そのため、骨盤から下の股関節・膝・足関節はもっとも負担のかかりやすい部位であると言えます。

 

股関節

まず股関節は、肩関節と同じように球関節と呼ばれる球状の関節です。球状の関節をしているため、いろいろな方向に動かせるという特徴があります。しかし、骨と骨の接合がゆるい肩関節とは異なり、がっちりと骨同士が重なりあい、靭帯によってしっかりと締められているため、肩に比べると股関節の可動域は狭くなっています。


股関節は左右ひとつずつあり、骨盤から流れてくる上半身の重みを受け止めている関節です。骨盤の状態が悪くなり、体が傾いてきたりすると、片方の股関節に体重がかかってしまい、動きにくい状態ができてしまうことがあります。体が傾いた状態が続き、股関節の動きが悪くなってくると徐々に痛みを感じ始めてきます。また身体を支えるために大きな筋肉が付着している場所ですので歩き方・姿勢などのバランスが崩れると影響を受けやすい場所です。つまり股関節の痛みも原因は身体の他の部位にあることがあります。膝や足も同様のケースが多いのでしっかりとした検査し問題を見極めることが重要です。


 膝関節

膝の関節は、体の中でも大きい関節ですが、体を支える役目があり大きなストレスを受けやすい関節です。また肩の関節のようにいろいろな方向に動かせる関節ではなく、曲げ伸ばしは1方向にしか行うことが出来ません。しかし動きは実は繊細で曲げるときには、わずかに膝を内側に捻り、逆に膝を伸ばすときには、わずかに外側に捻る動作が必要となります。体重を支えるストレスでバランスを崩すと膝の向きが変位してしまっていて、そのため膝を曲げたり伸ばしたりする動作のときにうまく捻る動作ができず、痛みを起こしている、というようなことがあります。骨格的な問題をしっかりと検査する必要があります。


激しい接触のあるスポーツや急激な方向転換では半月板や靭帯の損傷を引き起こし、大きな問題となりやすくなります。外傷以外にも膝は加齢とともに骨が変形してくるなど若い方から年配の方まで多くの問題を起こしやすい場所です。


■足関節

足関節はスポーツなどで捻挫してしまうなど傷めやすい場所です。

それ以外にも足は体重を支えるために足のアーチ(土踏まず)があります。急激な体重の増加で関節にかかる負担が増えた場合・身体の重心のバランスが崩れ、どちらかの足に負担が大きくなった場合などにこの足のアーチが減少し、足だけでなく全身の問題を引き起こすこともあります。他にも外反母趾や扁平足などの骨格的なことが原因で足に痛みを引き起こすものもあります。また、年齢とともに骨も弱くなり、関節を壊してしまう病気もあります。

 

足の痺れ・痛みは様々な原因によって起こります。

中でも最も有名なのは『坐骨神経痛』です。坐骨神経痛というのは元々病名ではなく『坐骨神経が何かで圧迫されて痛み・しびれのある状態』を指す用語ですが、原因は何であっても足に痺れがあれば坐骨神経痛と呼ばれる傾向にあります。足の痺れ・痛みは坐骨神経の障害以外にも様々な原因で起こります。骨格の変性による腰椎椎間板ヘルニアやすべり症なども足への痺れを引き起こすものとして知られています。

 

神楽坂ホリスティック・クーラのアプローチ

•カイロプラクティック

足への重心・バランスを分散するのに重要な役割を持っているのは骨盤です。骨盤は足の付け根なので股関節の動き、足のバランスに大きな影響があります。また坐骨神経の出口も骨盤からなので骨盤のねじれなどが生じていることで坐骨神経が障害されたような痛みやしびれを出すことがあります。骨盤を中心に股関節・膝・足まで力学的な観点から、カイロプラクティックでは問題点を精査していきます。

 

■鍼灸

東洋医学では脈を拝見して脈診をしたり、お腹や背中を拝見します。また、肌の色、艶の状態、舌の色、声の調子なども基準になるなど西洋医学とは全く違った判断をしています。

気や血の流れ、内臓に負担がかかっていないかなど膝や足に痛みがある場合でもお体全体の問題をみます。これらの総合的な診方から、その人の「証」(しょう)をたて、身体の回復力、生命力を高める治療を行っていきます。


■マッサージ

足の筋肉は身体を支えるために大きくて強い筋肉が多い場所です。そのため疲労が溜まりやすく筋肉のバランスを崩しやすいのです。大きな筋肉のバランスが崩れると身体に与える影響が大きく股関節、膝、足の痛みを出すことがあります。また筋肉が硬くなってくると坐骨神経などの神経の通り道を阻害して、坐骨神経痛に似た痛みやしびれを出すことも知られています。足の症状では筋肉のケアが重要な場合が多くあり、筋疲労へのケアだけでなく神経のはたらきを阻害している部位、バランスを失っている部位など症状改善に必要なケアをしっかりと行います。


■アロマオイル・トリートメント

足は体を支えるために負担が大きいので当然、疲労もたまりやすく筋肉が硬くなってしまったり、パンパンに張ってしまうことが多くあります。またデスクワークの方など座りっぱなしが多い方は慢性的にむくんでしまいがちです。むくみや冷えも足の痛みやバランスを崩す要因のひとつです。むくみは血行不良が大きな原因となっており血行、代謝を促すアロマオイル・トリートメントは足の疲労回復や血行促進を図るだけでなく、冷え性などの体質改善などに大きな効果が期待できます。


■リフレクソロジー

足は第2の心臓とよばれるほど重要な場所で、足の機能がしっかりと働かないと下半身の循環が低下しむくみや冷えを引き起こすことが知られていますが、リフレクソロジーの考えである足裏の反射区に体の器官との繋がりがある、ということも重要な要素と考えています。足をいい状態にしておくことが体の健康に繋がります。

反射区には足や膝、坐骨神経へのアプローチもあります。が、なんといってもリフレクソロジーは足を専門でみるケアです。足裏の疲労、バランスの悪い体重のかかり方、角質など負担の大きい足だからこそしっかりと専門家にみてもらう事が大切です。

 

股関節・膝・足の痛み、しびれ に関連する症状

坐骨神経痛 足の疲れ・疲労感 半月板・靭帯損傷 変形性膝関節症

股関節・膝・足の痛み、しびれ に関連する症例報告

症状のカテゴリー

こんな症状の方に
頭痛・首の痛み
肩の痛み・コリ
腕・肘・手の痛み、しびれ
腰の痛み
股関節・膝・足の痛み、しびれ
産前・産後のトラブル
不定愁訴
アレルギー・内蔵のトラブル
フェイシャルケア
女性のトラブル
  • ACS案内
  • ナーチャ
  • AT4
  • 背骨から自律神経を整える
  • 肝臓の気もち。
  • オーガニックライフtokyo講座開催報告
  • LINEバナー
  • オンラインショップ クーラ・クリアーレ
  • [院長著書]腰痛の実学 amazonで購入する
  • [院長著書]背骨の実学 amazonで購入する
  • [院長著書]老け腸メンテナンス amazonで購入する
  • お寺108回
  • お寺ヨガ
  • 中村尚人先生WS
  • しんのすけ先生WS
  • yoga-synergy
  • Mateanity YOGA
  • Baby&Mom YOGA
  • 採用情報
  • 法人の方へ
  • 取材・講演のご依頼
  • 石垣院長のブログ
  • 日本ヘルスファウンデーション協会
  • 雑誌掲載情報
ホリスティッククーラ
〒162-0831東京都新宿区横寺町68  唐澤ビル2階
アクティブケアスタジオ
Active Care Studioスケジュール
〒162-0831東京都新宿区横寺町68  エムビル2階

Webからのご予約 ・ お問い合わせ

  • special content
  • ビューティーコース はじめました!
  • 国際基準のカイロプラティックって?