肩こり・肩甲骨まわりのこり

肩こりは肩周りの筋肉が緊張することで起こります。
肩周りの筋肉の緊張は様々な原因で起こります。姿勢の悪さや長時間の同じ姿勢での作業、運動不足やストレス、頸椎の疾患、筋肉のバランスの悪さ、背骨の異常など様々な原因が重なり合って肩こりを起こしている方が多いようです。

頭はボーリング玉と同じくらい重たいものです。パソコンの使用や猫背などにより、頭が重心よりも前にずれているような姿勢の時には、重たい頭を支えるために多くのエネルギーを消費するため、首や肩にかかる負担はさらに増してしまいます。特に忙しい現代人のライフスタイルにおいて、肩こりはほとんどすべての人が経験しているといっても言い過ぎではないでしょう。

肩こりでよく見られるのは、頭が前に突き出て猫背のような姿勢になっていることです。この姿勢では重たい頭を支えるために多くのエネルギーを消費します。このようになっていると、筋肉のバランスも崩れているだけでなく、背骨のほうにも無理がかかってしまいます。背骨は24個の骨がブロックのように積み重なったような形をしています。その背骨も不良姿勢などによって負担がかかりやすく、スムーズにひとつひとつの関節が動かなくなったり、また時には歪みとして姿勢に大きく影響することもあります。そのような歪みやスムーズに動かなくなった関節があると、それを動かすときに筋肉に余計な負担がかかってしまいます。

一度肩こりが起こると、筋肉の中の血管も締めつけられ、血液の循環が悪くなってしまいます。すると、筋肉の緊張によって生じた疲労物質などがうまく代謝されず、さらに緊張を強めるといった悪循環が起こってしまうのです。

肩こりには一時的な効果だけで根本的な改善にはなっていないことが多くあります。背骨の状態を整えることと筋肉のバランスを改善することまたストレスや内臓の疲労などさまざまな視点で根本から肩こりを改善していきます。

 

肩甲骨まわりの張り・こり

肩こりとともによく聞く訴えとして、肩甲骨周囲の張りがあります。これは肩こりの一部として考えてもいいのですが、かなり多くの方が持っている症状です。


この症状を持っている方は、多くの場合デスクワークの人です。また、長時間車の運転をする人にもよく見られます。肩甲骨の張りを訴える方にほぼ共通して見られるのは、姿勢の悪さです。

悪い姿勢が固定されてしまうと、自分でいい姿勢を取ろうとしてもなかなかできません。そしていい姿勢が取れなくなったことでどんどん症状は慢性化し、つらさが出てきてしまうのです。

この症状を持っている人は、仕事をしているとつらさが増してくると訴えることが多いです。夕方くらいにはかなりのつらさに達しているでしょう。


筋肉の疲労、姿勢の改善だけでなく血行不良、内臓の疲労、代謝の低下などの問題が深く関わっています。

このように書くと、単純に肩こりだけど、どこに行っていいかわからなくなってくるかもしれません。

神楽坂ホリスティック・クーラではさまざまな専門のエキスパートが揃っています。ぜひ一度、お試しください。


 

肩の痛み・コリ に関連する症例報告

症状のカテゴリー

こんな症状の方に
頭痛・首の痛み
肩の痛み・コリ
腕・肘・手の痛み、しびれ
腰の痛み
股関節・膝・足の痛み、しびれ
産前・産後のトラブル
不定愁訴
アレルギー・内蔵のトラブル
フェイシャルケア
女性のトラブル
  • ACS案内
  • ナーチャ
  • AT4
  • 背骨から自律神経を整える
  • 肝臓の気もち。
  • オーガニックライフtokyo講座開催報告
  • LINEバナー
  • オンラインショップ クーラ・クリアーレ
  • [院長著書]腰痛の実学 amazonで購入する
  • [院長著書]背骨の実学 amazonで購入する
  • [院長著書]老け腸メンテナンス amazonで購入する
  • お寺108回
  • お寺ヨガ
  • 中村尚人先生WS
  • しんのすけ先生WS
  • yoga-synergy
  • Mateanity YOGA
  • Baby&Mom YOGA
  • 採用情報
  • 法人の方へ
  • 取材・講演のご依頼
  • 石垣院長のブログ
  • 日本ヘルスファウンデーション協会
  • 雑誌掲載情報
ホリスティッククーラ
〒162-0831東京都新宿区横寺町68  唐澤ビル2階
アクティブケアスタジオ
Active Care Studioスケジュール
〒162-0831東京都新宿区横寺町68  エムビル2階

Webからのご予約 ・ お問い合わせ

  • special content
  • ビューティーコース はじめました!
  • 国際基準のカイロプラティックって?

page top