四十肩・五十肩

「急に肩が重くなった」「今まで以上に肩こりが酷くなった」「朝起きたら、腕がまったく上がらなくなってしまった」等々...私たちにとって肩こりは、想像以上に深刻な症状をもたらします。その顕著な例が四十肩です。四十肩・五十肩は、専門的には「癒着性関節炎」と言われます。おおよそ40歳代、50歳代に起こるもので肩の痛みと、肩を上げることができないという症状を起こします。
私たちの肩関節は、非常に広範囲動かすこと出来ます。つまり、非常に複雑な構造をしているのです。肩関節=肩甲骨+上腕部の骨が接続しており、それらを囲う筋肉と腱など、がスムーズに連動して始めて、私たちの肩は痛みを生じることなく、自由に動かすことができているわけです。それだけ複雑な構造をしている肩。年齢を重ねていけば、徐々にひずみも出てきます。それが肩関節周辺の炎症です。そして、その症状は中高年層以上の人に多く見受けられるわけです。
四十肩・五十肩になってしまうメカニズムは未だに解明されていない部分が多い症状です。そして一度なってしまうと症状が長引くことが多く見られます。最初はどちらかの片側だけに症状が起こることがほとんどですが、そのうちに反対側の肩にも同じような症状が出てくることも珍しくはありません。
四十肩・五十肩になってしまった場合、何も治療を受けなくてもだいたい2年くらいで痛みはなくなることが多いようです。しかし、肩は日常生活でよく使う部分であって、肩が上がらなくなると服を着替えたり、歯を磨くことすら出来なくなる可能性がありますので、早めの処置が大切です。



四十肩・五十肩の原因は、肩関節を覆っている膜などが癒着を起こしてしまうケースが多く見られます。また肩の動きに関係する筋肉や腱も傷つき痛みを起こしていることが多く見られます。
四十肩・五十肩は、必ずしも肩を酷使する仕事やスポーツをしていることとは関係がないようで、デスクワークの方々にもよく見られます。
そのため肩関節内部で癒着を起こす原因としては、急激な負荷よりも慢性的に肩に負担がかかっている状態が考えられます。
慢性的に肩に負担がかかっていることというと、例えば姿勢が悪く、肩の位置が通常よりも前に移動した状態などが考えられます。

四十肩・五十肩の特徴


急性期(炎症期):最も痛みが強い時期

夜間の痛みがある。特に就寝時などにうずくような痛みが起こることがある。
肩を動かさなくても痛みはあり、ちょっとでも動かそうとすると激痛が走る。

慢性期

前からは上がるが、横から腕を持ち上げることができない。

安静にしている分には肩は痛くないが、動かすときに痛みが出る。
一定の角度くらいまでしか肩を動かすことはできない。

安定期

安静にしていると痛くはない。
肩を動かすと痛みはあるが、強い痛みではない。
肩が動かしづらい。

肩の痛み・コリ に関連する症例報告

症状のカテゴリー

こんな症状の方に
頭痛・首の痛み
肩の痛み・コリ
腕・肘・手の痛み、しびれ
腰の痛み
股関節・膝・足の痛み、しびれ
産前・産後のトラブル
不定愁訴
アレルギー・内蔵のトラブル
フェイシャルケア
女性のトラブル
  • ACS案内
  • ナーチャ
  • AT4
  • 背骨から自律神経を整える
  • 肝臓の気もち。
  • オーガニックライフtokyo講座開催報告
  • LINEバナー
  • オンラインショップ クーラ・クリアーレ
  • [院長著書]腰痛の実学 amazonで購入する
  • [院長著書]背骨の実学 amazonで購入する
  • [院長著書]老け腸メンテナンス amazonで購入する
  • お寺108回
  • お寺ヨガ
  • 中村尚人先生WS
  • しんのすけ先生WS
  • yoga-synergy
  • Mateanity YOGA
  • Baby&Mom YOGA
  • 採用情報
  • 法人の方へ
  • 取材・講演のご依頼
  • 石垣院長のブログ
  • 日本ヘルスファウンデーション協会
  • 雑誌掲載情報
ホリスティッククーラ
〒162-0831東京都新宿区横寺町68  唐澤ビル2階
アクティブケアスタジオ
Active Care Studioスケジュール
〒162-0831東京都新宿区横寺町68  エムビル2階

Webからのご予約 ・ お問い合わせ

  • special content
  • ビューティーコース はじめました!
  • 国際基準のカイロプラティックって?