探検バクモン!ヨガ!!

こんにちは、インストラクターのSachieです。

先日7月4日(水)、NHK総合で、爆笑問題さんが司会の「探検バクモン」にて「ヨガ」を特集していました。

予告概要はこちらのNHKサイトに詳しく出ています↓

■「片岡鶴太郎さん、SHIHOさんも登場!基礎から瞑想(めいそう)までヨガの魅力と秘密に迫る」
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=15089

 

©NHK

私はヨガインストラクターなので、ヨガのことを知りたい、というより、NHKがどのようにヨガのことを紹介するのか、に興味がありました。ヨガの伝え手のひとりとして、その「伝え方」は日々研究!なわけです。(そう、イントラはみな、日々健気な努力をしています!)

私が今回すごく意外だったのは、ヨガの哲学や精神性、瞑想などに番組が注目していたところです。現代のスタジオで行うヨガといえば、どちらかというとフィットネス要素がメジャーで、ヨガを始めるきっかけもそれが入り口になることが多いのでは。私もそうでした。だから、一般的な視聴者が対象のNHKの番組なら、

フィットネスとか、

 

美容とか、

 

柔軟性の高いポーズとか、

(もちろんそれも少しありましたが)、

 

いわば「見えるもの」が主流になるかと思いきや、そうではなかった、「見えないもの」にもしっかり焦点をあてていました。時代は変わったなあ、と、つくづく思います。

30分弱という短い番組ですが、「うわあ~、私の伝えたいことを伝えてくれてる、あの天下のえねえちけえ様があ!!」と、ちょっと感動してしまいました(涙)そうそう、昨今、お医者様とかお国とかどこぞのえらい人たちの集まりとか、権威・社会的地位がある人・団体がヨガの効果を認めて、ヨガを薦めてくれるんです。

 

厚生労働省の統合医療サイトにも、数々のヨガ/瞑想の効果の研究結果が出ています。
ご興味がある方はどうぞ↓

■「統合医療」情報発信サイト(厚生労働省)
http://www.ejim.ncgg.go.jp/doc/doc_e03.html
(見るのが面倒、という方のためにざっくり言うと、「なんかヨガ、良い効果あるっぽいから、お勧めよ~」ってな結果がほとんどです)

波及効果がある人たちがヨガを認めてくれるその言葉はやっぱりすごくうれしいことで、当アクティブケアスタジオにもお医者様に薦められて、という方もたまにいらっしゃいます。

 

もとい。
私は、日々レッスンをする中で、体の健康のみならず、心の健康、いわば「ヨガの心」もぜひ生徒さんに伝えられたら、と思っています。でも心って体に比べて目に見えない分、ちょっとわかりづらいですよね。こういった見えないものを伝えるのは見えるものより何倍も難しくて、一歩間違えれば誤解を生むことにもなりかねない。まずは体を動かすことが目的でいらした生徒さんに、番組でインドの大先生がおっしゃっていたような「自分とは誰か?」「生きる目的は?」「慈悲と愛!」などといっても、「は!?」ってなってしまいますよね(◎_◎;)

もちろんそれらはヨガの究極なのだろうけど、現代の日本のヨガスタジオでいきなりそれは唐突すぎる、うん、まずは難しいことはおいといて身体を動かしましょう!! そして私はヨガの良さを伝える側として、体を動かすハタヨガのレッスンの最後にちょっとだけプチ瞑想をとり入れつつ、生徒さんの状態をみて、反応をみて、時に論理的、科学的な話も織り交ぜたり、身近な日常生活でのメリットをご紹介したり、わかりにくいものならなおさらわかりやすく地道にお伝えする工夫が必要なのだろう、と最近つくづく思います。

 

それができるのは、やはり、生徒さん一人ひとりを見られる少人数制スタジオってメリットが大きいと思います。だからアクティブケアスタジオの生徒さんは、ぜひ!遠慮せずにインストラクターに希望や質問などどんどんぶつけて下さい。大いにレッスンの参考にさせていただきますし、何よりそれが私たちの糧になります。お待ちしています❤

関連する記事

top