足がつる 原因と対処法

急に足がつると驚いてしまいますよね。

スポーツで筋肉を酷使したなど、はっきりした原因があれば別ですが

特に理由もなく足が何度もつるようなことがあれば

いったいこの痛みはいつまでつづくのか・・・

そんなふうに不安になってしまうもの。

そこで今回は、足がつる原因とその対処法について

私なりの見解も交えながら紹介していきたいと思います。

 

足がつるってどういうこと?

そもそも「足がつる」とはどういうことでしょうか?

つる攣る と書きますので

足がつるとは

筋肉が何かしらの原因によって急に痙攣(けいれん)を起こしてしまう状態のこと。

よく「こむらがえり」と呼ぶことがありますが、

こむらがえりは医学的に「腓腹筋痙攣(ひふくきんけいれん」を意味します。

つまり、腓腹筋はふくはらはぎの筋肉なので、

ふくらはぎの筋肉がけいれんした状態がこむらがえりです。

しかし、足がつるのは何もふくらはぎだけではありません。

実際には、すねの前や足の指、運動する方は太ももの裏にある大きい筋肉にも起こることがあります。

足がつる原因とは

足がつる原因を特定するのはなかなかむずかしいものですが

いくつかの原因が考えられます。

 

筋肉の疲労

はげしいスポーツや運動によって筋肉を酷使することはもちろん

「普段運動する習慣がなかったけど、急に運動をはじめた」

「いつもより長い時間歩き過ぎた」

「普段使わない筋肉を酷使した」

といったことでも足がつりやすくなることがあります。

筋肉が疲労すると、

筋肉が伸び縮みしているのを感知する「筋紡錘(きんぼうすい)」という部分が異常を起こすため

筋肉が痙攣を起こしやすくなってしまいます。

 

ミネラルバランスの異常

ミネラルとはカルシウムやナトリウム、カリウム、マグネシムなどのこと。

筋肉の収縮に欠かせないミネラルが不足しバランスが崩れてしまうと、

電解質の異常により筋肉の痙攣が起こりやすくなってしまいます。

ミネラルが不足してしまう原因として一般的によく知られているのが脱水

高温多湿の時期に激しい運動をすることで大量の汗をかいたり

消化器系のトラブルから、下痢嘔吐などによって脱水を起こしてしまうこともあります。

 

ホルモンバランス

妊娠中に足がつりやすくなるのは

お腹が大きくなるにつれてホルモンバランスが変化して関節がゆるむと

下半身の筋肉に緊張や負担もかかりやすくなります。

また、妊娠中は胎児に栄養が送られることから

ミネラル不足も足のつりに影響を与えます。

 

血流の低下

冷えなどが原因で血流が低下すると、体の組織に老廃物が溜まってしまいます。

すると筋肉が硬化し、筋肉も痙攣しやすくなってしまいます。

ご年配の方が足のつりを繰り返しやすい原因のひとつに

加齢によるものと、日頃の運動不足代謝異常などから冷えやすく

血流が低下していることも考えられます。

 

その他

あまり頻繁に足のつりやこむらがえりを繰り返していたり、

また上記の原因があてはまらない場合は、

糖尿病や腎疾患、肝臓疾患、甲状腺や血管(閉塞性動脈硬化症など)の病気、脊柱管狭窄症などを考える必要もあります。

きちんと医師に相談することも忘れないようにしましょう

 

足がつってしまった場合の対処法

それでは実際に足がつってしまった場合どうしたらいいのでしょうか。

夜中に足がつってびっくりした経験がある方もいると思います。

まずは、その場をなんとかしたいものですよね。

予防策はそれから考えるものだと思います。

1.ストレッチ

こむらがえりなどの場合、まっさきに思いつくのがストレッチではないでしょうか。

足がつった経験のある方は誰もがストレッチを試みているのではないかと思います。

ここでは、部位ごとのケースでストレッチの方法を紹介します。

 

こむらがえり(ふくらはぎ)のケース

長座になって足の親指を中心に膝の方に向けて反らせて、ふくらはぎを伸ばします。

手が足の裏や親指に届かない場合は

タオルを足裏にひっかけて行う方法もあります。

 

太ももの裏がつったケース

太もも裏(後)の場合は、椅子に座って坐骨を立ててやると

太もも裏(後)のハムストリングという筋肉を効果的に伸ばしやすくなります。

かかとを床につけたまま、つま先を天井に向けて行いましょう。

 

太ももの表(前)がつったケース

太もも前面の場合は、横向けか仰向けで膝を折るようにして伸ばします。

仰向けで行う場合は、腰が反り過ぎないよう注意しましょう。

 

いずれのストレッチもつっている(痙攣している)筋肉をきちんと狙って伸ばすのがポイントです。

痛みが強い場合はストレッチを行うのが大変なこともありますが

筋肉を伸ばし始めて数十秒も経つと、徐々に痛みが軽減していくものがほとんどです。

 

2.温める

足の冷えが顕著な場合、その患部を中心に温めることで足がつった後に残る違和感や痛み

緊張を和らげることが可能です。

血流を改善させることで早い回復も期待できます。

 

3・安静にする

激しい運動をしている時や、長時間歩いている場合は休息が必要です。

いったんストレッチで症状がおさまっても、繰り返し足のつりが起こったり

もっと強い痙攣を起こしかねません。

 

4.水分補給

脱水している自覚がなくても、実は脱水しているケースはあるもの。

ミネラルを含むスポーツドリンクで水分を補給しましょう。

 

足がつらないようにするための予防策

原因や対処法がわかったとしても、やはり足がつらないようにしたいもの。

1.普段から運動をする

急に運動をするのではなく、普段から適度な運動を心がけることは大切です。

筋力の低下は加齢によるものだけではありません。

筋肉がもつ本来の弾性と柔軟性が回復することで、血液やリンパの巡りも改善

老廃物も溜まりにくくなっていくことも期待できるでしょう。

 

2.栄養バランスを考えた食事と水分補給

ミネラルが豊富な食べ物に加え、ビタミン類もとれるバランスの良い食事を心がけることが大切です。

また、運動される方はもちろん、夜間寝汗をかいたり、下痢をしている時などは

意識的にこまめな水分補給するといいでしょう。

3.ストレッチ

運動の前後に限らず、普段からストレッチをして筋肉に適度な柔軟性を持たせることで

筋肉本来のはたらきを取り戻すことが可能です。

お風呂あがりなどにストレッチする習慣をつけるといいでしょう。

 

4.マッサージ

ストレッチではゆるめられない筋肉の緊張やこわばりもあるもの。

硬く縮こまった部分にはマッサージで対処するといいでしょう。

特に足の裏の緊張は、ふくらはぎや太ももの裏のつりに影響しますので

普段からこの部分を手や肘、ボールなどを使ってゆるめてあげると予防として最適です。

5.体を冷やさない

夏場でもエアコンがきいている部屋では体が冷えきってしまいます。

特に足元は靴下やレッグフォーマ―などを使って温めることで、血行不良を防ぐといいでしょう。

 

東洋医学(中国医学)ではこう考える

東洋医学では、足のつりに限らず、筋肉の痙攣やピクつきには

「気・血(けつ)・水(津液:しんえき)」のうち、特に「血」が不足(血虚:けっきょ)していると考えます。

つまり、筋肉を血がうまく養えていないということ。

五臓六腑では肝臓のはたらきを意味する「肝」との関わりが深くなります。

東洋医学というと、「冷え」といったイメージが強いかもしれませんが

冷えに限らず、過労や運動不足、栄養不良に加えて

精神的なストレスが続くことでも「血」が不足することがあります。(血は精神活動と密接)

すなわち、たかが足のつり、と考えてしまいがちですが

東洋医学では、全身のつながりも大切に考えるということ。

ちなみに

こむらがえりの痙攣や痛みに対して

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)という漢方薬が

即効性もあることで有名です。

よく、ゴルフをされる方やご高齢の方が頓服薬として常備していたりします。

ただし、甘草の成分など注意が必要なこともありますので

詳しくは漢方の専門医か薬剤師さんに相談するといいでしょう。

 

まとめ

「足がつる」原因と対処法について講じてきましたが、いかがでしたでしょうか?

足がつるのは、もしかしたら普段の生活における体からのシグナルかもしれませんね

生活習慣の乱れや運動不足、胃腸の不健康など

普段から気になっていたけど放っておいた方も、

ぜひこの機会にご自分の身体と向き合ってみていただければと思います。

また、日頃のメンテナンスとして

根本から体の緊張をゆるめていくことはとても大切。

自分だけではどうにもならないこともあります

足がつる、つりやすいクライアントをみさせていただいて思うのは

多くのケースで何らか内臓のはたらきに問題があったり(下痢や便秘など)

姿勢や歩き方が下肢の筋肉に負担のかかるような状態がみられます。

ホリスティック・クーラの骨盤整えリフレでは

骨盤だけでなく、太ももから下の脚の筋膜にしっかりとアプローチしながら

体のバランスを整えていくので、足がつりやすいといった方にもオススメ。

気になる方(はじめての方)はホットペッパービューティからお申込みいただくと大変お得です。

コチラからご確認いただけます↓↓↓

https://beauty.hotpepper.jp/CSP/kr/reserve/?storeId=H000388262&menuId=MN00000003924231&add=5

 

また、先にも記しましたが、中には病気が原因で足がつるものもあります。

気になっている方やここで紹介した対処法や予防策を試しても効果が表れないようでしたら

一度、医療機関(内科や神経内科、整形外科など)を受診してみてください。

 

石垣英俊

臨床家の父に鍼灸治療を師事。2004年に開業し、体の痛みや不調に悩んでいる人々へ、

よりよい施術、環境、アドバイスを提供すべく研鑽を積んでいる。

神楽坂ホリスティック・クーラ®代表。
一般社団法人日本ヘルスファウンデーション協会理事。
セラピストカレッジ「ナーチャ」校長。
鍼師、灸師、按摩マッサージ指圧師。
オーストラリア政府公認カイロプラティック理学士(B.C.Sc)、応用理学士(B.App.Sc)。
中国政府認可世界中医薬学会連合会認定国際中医師。
全米ヨガアライアンス200h修了ヨガインストラクター。
日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ教師。

東西の智慧を独自に融合させた新メソッド「アラウンドセラピー®」を主宰。

著書に背骨の実学』『腰痛の実学』 『コリと痛みの地図帳~プロが教えるマッサージ処方箋72』 (ともに池田書店)など。

 

 

 

 

 

 

関連する記事

top