寝違え 原因と対処法

「朝起きたら首が回らない」

そんな経験ありませんか?

朝起きた直後は何も痛くなかったのに

シャワーを浴びているうちに痛みが表れて、会社に出勤するころには

痛すぎて上にも下にも左右にも動かせなくなっていたり・・・

俗にいう「寝違え」というもの。

その原因と対処法について

私なりの見解も交えながら紹介していきたいと思います。

 

寝違えとは?

そもそも「寝違え」とは医学用語ではありません

朝起きたときに頚(くび)を中心に肩のつけねや背中にかけて強い痛みや

動きの制限をともなう症状の俗称が「寝違え」です。

医学的には、

「急性疼痛性頚部拘縮」「頚部(頚椎)捻挫・挫傷」「急性頚部筋筋膜症」などと診断されます。

つまり

何かしらの原因によって、くび周りの筋肉や靭帯に急な炎症や痛みを生じている状態のこと。

加えてその症状が、起床時(寝起き)に多いことから

このような「寝違え」という俗称がついていることがわかります。

 

寝違えの原因とは

寝違えにもいくつかの原因が考えられます。

寝具が合わない

旅先出張先実家に帰ったときなどに

頸や肩、背中の筋肉を違えてしまうケースもよくみられます。

枕の高さや布団のクッション性などが体に合わないことで

しらずに負担がかかっていることも。

 

寝方(睡眠時の姿勢・体勢)

横向きやうつ伏せで寝るクセがある人は意外と多いでしょう。

普段なら寝違えなんて起こらないのに、

「前日にお酒を飲み過ぎていた」

「最近寝不足が続いていて寝だめをした」

「心身ともに疲労が蓄積していた」

このような背景がある場合は特に

睡眠中に普段しないような体勢を取り続けてしまうことで

寝違えを誘発してしまいます。

うっかりソファーで寝落ちしてしまったり

腕枕をすることも寝違えの誘発要因となります。

 

 

頚椎などの問題

加齢に伴う頚椎症頚椎椎間板ヘルニアなど

もともと頚椎に問題がある方もいわゆる寝違えの症状が表れることがあります。

指や腕、肩や背中などに痛みやしびれなどが出ていたり

症状が数日経っても改善しない時は

自己判断せずに一度整形外科を受診してみることをオススメします。

睡眠中は、頚椎(くびの骨)の間にある椎間板(ついかんばんというクッションが

水分を吸収することや、筋肉が硬くなっていることも多く

元々頚椎に何らかの問題や負荷がかかっている人は症状が強く出やすい傾向があります。

ただの「寝違え」だからと自己診断して

ほっておけばいいものばかりではありません。

 

不良姿勢/内臓や肉体の疲労

日常における運動不足や仕事中の姿勢の悪さなどから

知らずに首周りの筋肉や関節に負担がかかっていることが原因になることも。

特に近年はパソコン使用によるデスクワークをはじめ

スマホネックで知られる、下を向いた状態で固定されたまま

頚椎に負担をかけている姿勢がよくみられます。

また、意外かもしれませんが、内臓の不調もくび肩まわりの筋肉を無意識のうちに緊張させるので

その状態が長くつづいたり、前日の食事や状態によって

翌日症状が強くあらわれることも考えられます。

 

その他

風邪の引き始め、急な気象の変化なども寝違えの原因となることが考えられます。

また上記の原因があてはまらない場合、

経過がおもわしくない、

その他に発熱や吐き気などをともなう、

などといった場合は

頚椎の問題に限らず、医師に相談するようにしましょう。

 

寝違えてしまった場合の対処法

それでは実際に寝違えてしまった場合どうしたらいいのでしょうか。

まず具体的な対処法の前に

■あせらない。

■ゆっくり動かす。

■傷む部位を押し揉みしすぎない。

■無理に痛い方向を何度も繰り返し試さない。

このようなことが実はとても大切です。

その上で以下の事項も参考にしてみてください。

 

1.安静にする

急にくびに痛みを感じると、

一気に不安にかられることも少なくありません。

しかし、まずはあせらずに、ゆっくりと動かし、

向けない方向には無理に動かさないことが大切です。

その上で、日常動作に気をつけ、休む時も負担がもっとも軽くなるポジションを考えて

クッションなどを入れながら体勢を調節しましょう。

 

2.冷やす?温める?

「寝違え」を「ギックリ首」と解釈することもあるように

ギックリ腰でも捻挫でも

炎症が起きて熱感や腫脹(腫れているか)がみられるような急性期

冷やすのが一般的には正解。

ただし、「寝違え」といっても程度や原因もさまざま。

冬場にちょっとしたきっかけでくびが痛むケースなどでは

ホッカイロなどで温めた方が改善が早いことも。

 

3.ストレッチ

実は注意しなければいけないのがこのストレッチ。

痛みが表れている時にストレッチをすると

かえって悪化してしまうケースがあります。

ですので、

くびや痛みが表れている部位のストレッチ行わないようにしましょう。

一方で、腕や肩回りを動かしたり、ストレッチすることで

筋膜のつながりや東洋医学の経絡という観点から

痛みを緩和す ることも期待できます。

1つ例を挙げましょう。

まず痛みが強い側の薬指に、中指をひっかけます。

つづいて、親指、小指、人差し指の先端を薬指の先端に近づけるようにすぼめます。

手の準備ができたら、肘を伸ばした状態で腕を外に90度挙げ

手首を自分の顔に向けてゆっくりと、5回~8回程度を目安に動かします。

この時、肘より手の近くの筋肉が伸ばされ、刺激されているのを感じられると思います。

うまくいくと、首の横側の筋肉の緊張が緩み、少しだけ痛みが緩和します。

 

4.ツボ押し

寝違えといえば「落枕(らくちん)」というほど

東洋医学(中国医学)の鍼灸や推拿では寝違えに多用されるツボがココ。

 

「落枕」という名前が、

そのまま寝違えを意味しているくらい効果が期待できることで有名です。

やり方としては、先ほどまでの注意点と矛盾することになりますが

無理のない範囲で、「落枕」を押さえながらゆっくりとくびを動かしていきます

 落枕穴(穴はツボを意味する言葉で「ケツ」といいます)は

人差し指と中指の間、手の甲の指より、骨と骨の間にあります。

 落枕に反対側の親指を、爪を立てるように押します。

 

次に、ツボ落枕を押さえながら、ゆっくりと少しだけくびを動かしていきます。

これを一日の中で、2回~3回程度行っていきます。

ただし、1回目に効果を感じられなかった場合、繰り返し行うことはオススメできません。

専門家に相談してみてくださいね。

 

また、「寝違え」の程度によっては

患部(痛む部位)に対してマッサージを行うと

ストレッチ同様悪化してしまうことも少なくないことを覚えておきましょう。

 

寝違えないための予防策

原因や対処法がわかったとしても、やはり頻繁に寝違えるなんて絶対いや!

そんな方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

1.普段から運動をする

急に運動をするのではなく、普段から適度な運動を心がけることは大切です。

筋力の低下は加齢によるものだけではありません。

筋肉がもつ本来の弾性と柔軟性が回復することで、血液やリンパの巡りも改善

老廃物も溜まりにくくなります。

普段から筋肉がいい状態であれば

寝ている間に筋肉を傷めることも防ぐことができるでしょう。

 

2.こまめなストレッチ

発症してしまってからのストレッチは危険を伴うこともありますが

普段から筋筋膜のストレッチをこまめに行うことで

筋肉の柔軟性が高まり、疲労回復姿勢改善によって寝違えの予防対策に有効です。

疲れを取るためにたくさん寝ようとしたり

姿勢を無理に正そうとしても、なかなかいい結果は期待できないものです。

 

3.日常動作・姿勢の改善

パソコンやスマホをはじめ、

まずは、普段の自分の姿勢がくびや背中に負担がかかっていないかを知ることが大切です。

意識することだけでも、力学的な負担が軽減し

仕事面でもプライベートでも省エネで効率的です。

 

4.疲労を溜めすぎない

過労はもちろん、付き合いの飲みの席など

楽しいからと肉体をいじめすぎていれば、あるとき突然体がパンクしてしまいます。

規則正しい生活を心がけ、疲労がたまり過ぎていないかを確認できるような

自分の健康バロメータをつくっておくとよいでしょう。

 

5.内臓を労わる食べ方・食べ物

今は飽食の時代で

食べたいものが何でも食べられる方が多くなっています。

気を付けなければいけないのは過食・偏食。

それから、食事をする時間帯、食べ方(よく噛むなど)も大切です。

消化器系に負担がかかっていると、

自律神経の反射によって、知らずにくびや肩・背中の筋肉が緊張してしまいます

すると、ちょっとした動きで筋肉を傷めてしまったりすることに。

特に寝る直前に食べ過ぎたり、前日に食べる物の影響は注意したいところ。

自分の体調を考えながら、消化器系にやさしい食べ物・食べ方を考えていくといいでしょう。

 

上記に加えて

自分の身体に合った寝具選び、というものも「寝違え」を予防する上で大切な要素と言えます。

しかしながら、寝具だけが「寝違え」の原因かというとそうとは限らず

どちらかというとそれよりも他の要因が占める割合が大きいと考えます。

 

東洋医学(中国医学)ではこう考える

東洋医学では、「寝違え」の原因を大きく2つに考えます。

1.外邪によるもの

外邪とは、自分以外の自然の異常な状態を意味します。

例えば急な気象の変化などが代表的な例で

「寒さ」「風」、さらには「湿気」が原因で筋肉に痛みを生じると考えます。

ですから、冬の寒い時期、急に冷たい風にくびからうなじにかけてあたってしまったり

梅雨の時期に運動不足が続いていたりすると、実は「寝違え」も起こりやすかったりするのです。

 

2.内因によるもの

東洋医学では、五臓六腑という内臓のはたらきを大切に考えます。

「寝違え」はその中でも

筋肉を滋養する上で大切な「肝」と「腎」のはたらきと密接な関係にあります。

いずれも過労や心労などの影響を受けやすいところ。

精神的なストレスは、「肝」や「腎」のはたらきを低下させ

「気血」の巡りを滞らせてしまいます

要は、普段からストレスを溜めすぎることなく

気の流れが(気持ちが)スムーズであれば

先に挙げた「外邪」の影響も受けにくくなります。

 

まとめ

「寝違え」の原因と対処法について講じてきました。

いかがでしたか?

寝違えもやはり、普段の生活における体からのシグナルかもしれませんね

生活習慣の乱れや運動不足、胃腸の不健康など

普段から気になっていたけど放っておいた方も、

ぜひこの機会にご自分の身体と向き合ってみていただければと思います。

また、日頃のメンテナンスとして

きちんと体の疲れを取り、普段から心身の緊張をゆるめていくことが大切です

ホリスティック・クーラの背骨整えボディケアでは

解剖生理学や生体力学の観点と、東洋医学の経絡経穴理論を取り入れて

背骨の緊張を緩める独自のアプローチを行っていきます。

・寝違えがなかなか治りにくい

・寝違えを繰り返し起こしやすい

・普段から疲労が取り切れない

・背中やくびの凝りや緊張が気になる

このような方はもちろん

寝違えをはじめ急な症状が起こりにくい身体づくりに、ぜひご利用いただければと思います。

セラピストは全員、私、石垣英俊の直接指導・厳しい研修をクリアしていまので

自信を持ってオススメできます。

気になる方(はじめての方)はホットペッパービューティからお申込みいただくと大変お得です。

コチラからご確認ください↓↓↓

https://beauty.hotpepper.jp/CSP/kr/reserve/?storeId=H000388262&couponId=CP00000004628131&add=0

 

石垣英俊 プロフィール

臨床家の父に鍼灸治療を師事。2004年に開業し、体の痛みや不調に悩んでいる人々へ、

よりよい施術、環境、アドバイスを提供すべく研鑽を積んでいる。

神楽坂ホリスティック・クーラ®代表。

一般社団法人日本ヘルスファウンデーション協会理事。

東洋医学の健康観と背骨のしくみとはたらきを学ぶ「ナーチャ」校長。

「アラウンドセラピー®」を主宰。

鍼師、灸師、按摩マッサージ指圧師。

オーストラリア政府公認カイロプラティック理学士(B.C.Sc)、応用理学士(B.App.Sc)。

中国政府認可世界中医薬学会連合会認定国際中医師。

全米ヨガアライアンス200h修了ヨガインストラクター。

著書に『背骨の実学』『腰痛の実学』 『コリと痛みの地図帳~プロが教えるマッサージ処方箋72』 (ともに池田書店)など。

健康に関わる雑誌監修も多数。

 

関連する記事

top