第1弾なのでまずはこの人!!!

こんにちはMikiです。

こちらのページではこれから様々な人に気になることをガツガツ聞いて、

知らなかった事や知らない世界を覗きつつ、人生に役立つ知恵袋や何かにつなげて

いきたいとな思っています!

「こんな人にこんなこと聞いてほしい!」のお声もどしどしお待ちしています

記念すべき第1弾は、やはり石垣院長ですね!

まずはこの質問!

 

Miki「どうしてお店を出すのに神楽坂を選ばれたのですか?」

石垣「これ、ちょっと恥ずかしいエピソードがありまして。私、若いころは結構浴びるようにお酒を飲んでいたんですね。」

 

Miki「え!浴びるように・・・?想像つかないです」

石垣「終電逃すことも度々ありました。それである日、水道橋で飲んでたんですけど、終電もないしお金もなく泥酔しながらその時の自宅だった中野坂上まで大久保通り沿いを歩いて帰ろうとしたんです。」

 

Miki「中野坂上まで!!歩かなければ帰れないですもんね」

石垣「今思えばカードでおろすとか方法はあったと思うんですが、途中で力尽きて寝てしまいました。その時、見知らぬご婦人が私を起こしてきて

「こんなところで寝たらダメ!ちゃんと帰らなきゃ」

とおっしゃってくれて、タクシーを止めて乗せてくれたんです。」

 

Miki「救世主!!」

石垣「はい。その通りです。そしてその方がタクシーの運転手さんにお金も渡してくれて。翌朝だんだんとその時のことを思いだしてきて、すごく感動してしまって、いつかあの街で開業しようと思ったんです。」

 

Miki「それは感動しますね」

石垣「ちょうど倒れた場所が、今のサロンのほぼ真向いでしたから(笑)、きっとご縁があったのかもしれません。

はじめに開業したのは牛込柳町で、お金がちょっと足りなくて隣町でまずはがんばりました。

その後、そろそろ資金も何とかなるかなぁというころ、偶然大久保通りを歩いていたら、今の場所に空き情報が貼りだされていて、そのまますぐに交渉しに行って契約できたんです。」

 

Miki「まさに縁を感じますね。ありがとうございました。」

 

本当に素朴な疑問からスタートしてみましたが、なかなか以外で面白いお話しが聞けました。

私も日々、さまざまな縁を逃さないようアンテナを張りつつ、直観で生きていこうと思いました。

そんな石垣院長から「消化器をまるごと整える」カラダのお話しと面白いお話しも聞けてしまうかもな

講義が6/21(土)に朝日カルチャーで開催されます!

詳細は ↓ まで

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/21ffec0e-030f-3fa0-4b4c-5a5de91fd045

 

 

 

 

関連する記事

top