四十肩・五十肩 その原因とは?

四十肩・五十肩とは

四十肩・五十肩を経験したことがある方はその辛さをよくご存知の方も多いと思います。

 「運動していたのに四十肩になるなんて」

「利き腕じゃない左肩に痛みがくるなんて不安で仕方ない」

「原因がないのに急に肩の痛みが悪化しだした」

「慢性的に肩が凝っているから四十肩なのかもしれない」

 

肩の痛みは、仕事や家事に支障をきたすもの。

ちょっとした動きで強い痛みを感じたり、その恐怖から動かさないようになるとイライラやストレスもたまってしまいますよね。

 

私自身も過去に肩の大けがをして以来、脱臼癖がつき

その恐怖から身体の力を抜きにくいのを経験しました。

身体の緊張は心の緊張にもつながるもの。

やはり長引く痛みや不調とは一日もはやくおさらばしたいものですね!

 

さて、それでは四十肩・五十肩とはどういうものなのでしょうか。

 

四十肩と五十肩の違い

一般的によくきく「四十肩・五十肩」という言葉。

実は四十肩も五十肩も俗称で、

四十代で発症すれば四十肩五十代で発症すれば五十肩と言われます。

正式名称は「肩関節周囲炎」で、40代以降によくみられる整形外科疾患になります。

 

30代でも60代でも四十肩・五十肩になる

では、四十肩・五十肩は若い人には発症しないのでしょうか?

答えはNO。

30代の方も60代以降の方も発症します。

私が過去にみさせていただいた例では、

30歳から70代半ばの方が「肩関節周囲炎」と診断され、まさに四十肩・五十肩の症状を呈していました。

 

四十肩・五十肩の診断について

肩に不安を覚えたら、一度は整形外科を受診されることをおすすめします。

診断は医師がするものです。

間違っても自己診断や、整骨院、整体院、治療院やリラクゼーションサロンなどに診断を求めてはいけません。

疾患名は、問診やレントゲン、超音波検査などから、総合的に医師が診断するものです。

また、状態によってはMRI検査が必要なケースもあります。

 

四十肩・五十肩の症状

四十肩・五十肩の症状としては、以下のようなものがあります。

 

・急に肩に痛みを感じる

・夜間痛があり、寝がえりの際激痛がある

・腕を挙げたり、物を取ろうとして痛みが走る

・安静にしていても肩に痛みを感じる

・エプロンの紐を結んだり、背中のファスナーの開け閉めができない

・腕の方にまで痛みや響く感じがする

 

上記のような症状が続くと肩や腕を動かすことに恐怖心を覚え

なるべく肩や腕を動かさない習慣から、肩関節の拘縮(こうしゅく)を引き起こしてしまいます。

ちなみに、慢性的に肩が凝っていたりすることで

自己判断から「四十肩」だと思い込んでいる方もみられます。

しかし、慢性的な肩こりと四十肩は全くの別物。

ただ、その慢性的な肩こりも、ずっと放置しておくのはよくありません。

 

四十肩・五十肩の原因とは?

加齢とともに肩関節を構成する組織が変化し、炎症が起きることが原因とされています。

しかし実際のところ、はっきりした原因はわかっていないようです。

 

私見ですが、

昔に比べて若い世代にも増えていることから

必ずしも加齢性の問題だけではないのかもしれません。

 

例えば生活様式の変化

食生活はもちろん、運動不足やデスクワークの方が増え、

人間関係や情報過多によるメンタルストレスの影響なども考えられます。

 

発症が右だけ左だけの人もいれば、右が治ったら左、左が治ったら右、

のように発症するケースもあることから、

肩以外の問題(例えば頚椎や胸郭、さらには骨盤などの骨格や筋肉の状態など)も、誘発因子として注目していく必要があるでしょう。

 

しかしながら、「肩関節周囲炎」と診断された方のケースでは

肩自体に(腱板といわれる腕と肩甲骨をつなぐ部分や関節のクッションの役割をする滑液包など)炎症や変性がおこっている状態ですので

あくまで予防的に考えることが大切だと言えます。

 

普段の姿勢や心の状態。

食事は美味しく食べられていますか?

大きなストレスを長く感じていませんか?

 

まず肩の痛みや違和感、不安を長く感じるようであれば

一度整形外科を受診してみてください。

 

四十肩・五十肩が一発で治る・・・といったうたい文句は

正直なところ信憑性がありません。

 

事実、ご本人が四十肩と思い込んでいるものが

一回の施術で劇的に治ってしまうことはよくあるものです。

でもそれは、四十肩の手前であったかもしれませんが

そもそも四十肩ではないことも。

 

もちろん適切なアプローチによって、

経過の悪かった四十肩の痛みが急に改善していくことはあります。

 

またあらためて

改善法やセルフケア、予防について紹介させていただきますね。

東洋医学の観点からも

肩の痛みについて投稿していきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

石垣英俊

 

関連する記事

top