鍼灸

鍼灸についてよくあるご質問

  • もぐさとは、よもぎですか?
  • その通りです。よもぎの葉を乾燥し、葉についている裏側の部分だけを集めて乾燥させたものです。
    昔は一般家庭でも作っていたものです。
  • 鍼は何でできているのですか?
  • 現在、もっともよく使われている鍼はステンレス製です。素材としては他に金または銀を含む合金もあります。
  • お灸は跡が残りますか?
  • 皮膚に直接もぐさをのせるお灸は、その大きさにより、跡が消えてしまう場合、残る場合があります。
    また、鍼の上にもぐさをのせて行う灸頭鍼や温灸など、跡が残らない方法もたくさんありますのでご相談ください。
  • 鍼は痛くないですか?
  • 治療に用いる鍼は、直径が髪の毛ほど細さで、せいぜい蚊に刺されるほどの痛みです。
    初めての方は、予期していた痛みに比べるとほとんど無刺激なのに驚かれます。
    痛みや熱さというのは感覚に個人差がありますので絶対痛くない、熱くないとは言いきれませんが、みなさまの想像している針(注射針や縫い針など)とは全く違って細いですし、それらのような刺す痛みというのはほとんどありません。
  • 鍼の消毒はどうなっていますか?
  • 当院の鍼は「ディスポーサブル(使い捨て)鍼」を使用しています。
    ディスポーサブル鍼は、エチレンオキサイドガスなどにより消毒滅菌され、一回使用ごとに廃棄されます。
  • お灸は熱くないですか?
  • お灸に関してはやはり熱を加えますので熱くないことはないです。ただ、体に冷えがある方や、その経穴(ツボ)によっては温かくて気持ちが良かったり、何壮(灸の数え方)すえても、なかなか感じないといったこともあります。もちろん皮膚の厚さや温感の分布によるところもあります。
  • 鍼の響き(ひびき)ってなんですか?
  • 鍼のひびきとは、人によって、また、部位や状態によって感じ方が違いますが、一般に皮膚表面の鍼が刺さる感覚ではなく、もっと深層で感じる刺鍼による深部感覚のこと(解剖学的には筋肉を覆っている筋膜や腱など)をいいます。その感じ方や表現は「痛くて気持ちいい、おもい、ぴりぴりする、ズーンとくる、電気がはしる」など様々です。
    中国では鍼の響きを'得気(とっき)'と言い、「得気がなければ効果がおちる」とか「刺した場所でなく、そこから離れた患部に得気があると効果が高い」などと言われています。
  • どのくらい通えば治りますか?
  • 症状や疾患によりますが、基本的に急性疾患(例えば寝違い、急性腰痛、背中の痛みなど)であれば1回〜3回くらいを目安に考えていただければと思います。
    慢性疾患(例えば、慢性の肩コリ、腰痛など)においても、一回で改善できるものもあれば、3か月、半年など長期的に継続治療が必要な場合もあります。 また、出来るだけ期間を空けずに施術を受けていただくことをオススメします。

メニューリスト・料金表

カイロプラクティック
鍼灸
アロマオイル・トリートメント
マッサージ
美容鍼灸
ビューティコース
ヨガ -アクティブケアスタジオ-
料金表
  • オンラインショップ クーラ・クリアーレ
  • [院長著書]腰痛の実学 amazonで購入する
  • [院長著書]背骨の実学 amazonで購入する
  • [院長著書]老け腸メンテナンス amazonで購入する
  • ナーチャ
  • お寺ヨガ
  • 中村尚人先生WS
  • しんのすけ先生WS
  • Baby&Mon YOGA
  • 採用情報
  • 法人の方へ
  • 取材・講演のご依頼
ホリスティッククーラ
〒162-0831東京都新宿区横寺町68  唐澤ビル2階
アクティブケアスタジオ
Active Care Studioスケジュール
〒162-0831東京都新宿区横寺町68  エムビル2階

Webからのご予約 ・ お問い合わせ

  • special content
  • ビューティーコース はじめました!
  • 国際基準のカイロプラティックって?
  • メニュー・料金表
  • 鍼灸についてよくあるご質問

page top